本文へジャンプ

ZOROのチーズケーキ

チーズケーキの新しいブランド【ZORO】

チーズケーキのZOROからチョコレートケーキが登場しました。

チョコレート素材最高峰のミッシェル・クルイゼルをたっぷり使い、 セミスイートとミルクチョコレートの2層のムースを さらにカカオ分55%の口どけのよいチョコレートでコーティングしました。

濃厚なのにくどくない高級感あふれるチョコレートケーキです。

 

ZORO「チョコレート・ゾロ」

ZOROのチョコレートケーキ

ZOROのチョコレートケーキ

通常価格¥2,000(税別)


内容量 ■約380g
サイズ ■約12.0×12.0×4.0
備 考

■冷凍(-18℃以下)で保存し、
 解凍後は2日以内にお召し上がりください。
■アレルギー表示=卵・乳・小麦

*大量のご注文の場合は直接お問い合わせください。
沖縄および離島、一部地域につきましては別途送料がかかりますので直接お問い合わせください。

ミッシェル・クルイゼル社

1947年創業。 「ミッシェル・クルイゼル」は、世界9ヵ国に契約農園を持ち、そこで栽培されたカカオから、すべてを自社で作るという珍しいファクトリーで、個性的で深く密度の濃い味わいの商品ラインナップが特徴です。

主原料であるカカオ豆はもちろん、ピュアブルボンバニラやキビ砂糖を使用するなど副原料にもこだわり、独自の貴重な味を守り続けています。また、安心と安全へのこだわりから大豆レシチンを一切不使用。レシチンを使わないという事は安全性に加え、その分カカオ油脂(ココアバター)をふんだんに使用しているという事。風味を徹底的に追及する姿勢が、ミッシェル・クルイゼル社のチョコレートを生み出しているのです。世界中のパティシエがクルイゼルのクーベルチュールを使用している事が、そのクオリティの高さを物語っています。

クーベルチュールって?

クーベルチュールとは、もともとはフランス語で「覆い」という意味で、製菓用として加工されることを目的に作られたチョコレートのこと。国際規格では、「総カカオ固形分35%以上、カカオバター31%以上、無脂カカオ固形分2.5%以上カカオバター以外の代用油脂は使用不可」など細かい規定があります。日本ではこの規定は適用されていませんが、ZOROのチョコレートケーキに使用しているミッシェル・クルイゼルの製品はもちろんこの規格に準じた純正チョコレートです。

クーベルチュールチョコレートの最大の特徴は、一般のチョコレートでは味わえないその口どけにあります。その口どけの元となっているのが、チョコレートの原材料であるカカオバター(ココアバター)です。カカオバターは常温では固体ですが、28℃前後で溶け始め、30℃以上になると完全に溶ける性質をもっています。このため口の中にチョコレートを入れるとカカオバターが急激に溶け、チョコレート本来の粒子の細かさとあいまって、チョコレート独特の口どけと感じられるのです。

ページの先頭へ戻る